庇お役立ち情報

BLOG

玄関の庇

 

多くの家では、玄関に庇を取り付けます。

玄関の庇は、外出時・帰宅時の私たちや玄関ドアを雨や日差しから守ってくれる大切なものです。

庇を取り付ける際には、さまざまな種類があるため、どんな庇を取り付ければいいか悩まれることもあるでしょう。

こちらの記事では、玄関に庇を取り付ける際には、どのようなサイズの庇を選べば良いのかを解説いたします。

 

 

玄関の庇(ひさし)に最適な長さ

雨除けや日除けとしての役割を持つ庇ですが、十分な長さがなければその役割をしっかりと果たすことができないこともあります。

玄関の庇の最適な長さはどれくらいなのでしょうか?

さまざまな意見がありますが、雨除けの役割を果たすには、奥行きが900mmあれば、庇としての役割を果たすことができると言われています。

ただ、あくまで一般的な意見であるため、参考の一つとして考えておくようにすると良いでしょう。

日除けとして考えた場合には、また別の指標があります。

実際に、庇を設置する建物で考える場合には、庇の下部から床面までの高さの0.3倍ほどの長さの出幅があればその役目を果たすことができます。

まずはご自身で長さを測ってから、この2つの条件を参考として庇を選ぶようにすると良いでしょう。

 

 

雨除けを重視するならさらに大きいサイズの庇(ひさし)を

買い出しの際の荷物が多くなることが予想されるなどの理由で、雨除けとしてのより高い効果を求められることもあるでしょう。

そういった際には、より大きなサイズの庇を設置することも検討するようにしましょう。

当然ですが、庇のサイズが大きいほど、雨除けとしての効果は高くなります。

 

 

大きい庇(ひさし)の場合は建ぺい率に要注意

庇を取り付ける際には、建ぺい率にも注意が必要です。

玄関に庇を取り付ける際、庇の奥行きが1000mm以下であれば、建ぺい率を気にする必要はありません。

ただ、庇の大きさが1000mmを超える場合、建物の面積の一部に含まれるようになってしまうので、庇の大きさに注意を払う必要が出てくるのです。

もしも、庇を含んだ建物全体の面積が、建ぺい率の範囲を出てしまう場合には、建築基準法を違反することになってしまうため、設置をすることができません。

重要な内容であるため、覚えておくようにすると良いでしょう。

 

 

おわりに

玄関に取り付ける庇は、どのようなサイズが適しているか、またその考え方についてご説明しました。

庇を取り付ける際には当記事の内容を参考にしていただけますと幸いです。

庇の種類

 

気をつけて見てみれば、家ごとにさまざまな種類の庇があることがわかります。
家の外観を左右する庇に注目して見てみると、家々の庇の違いも面白いものです。
こちらの記事では、庇にはどのような種類があるのか、またどのような素材で作られているのかをご説明いたします。

 

 

庇(ひさし)の種類

庇には、2種類あります。

陸庇(ろくひさし)と腕木庇(うできひさし)。

それぞれについて、説明いたします。

 

庇の種類1 陸庇

近年主流となっているのは、こちらの陸庇です。

陸という言葉は、「水平」という意味を持っており、陸庇とはその漢字の通り、下部が傾斜のない水平な形となっています。

上部分は水平だと水はけが良くないため、緩い傾斜がついています。

 

庇の種類2 腕木庇

柱にほぞ穴をあけ、腕木のほぞを差し込むことで固定するのが、腕木庇です。

伝統工法を用いた手法で、近年では少なくなっています。

和風建築の家では、現在もこちらの庇が取り付けられています。

 

 

庇(ひさし)の素材について

庇は、実にさまざまな種類の素材で作られており、どのような素材を用いるのかによって、庇の印象が大きく変わります。

 

庇の種類1 木材

木材で作られている庇は、温かみのある雰囲気を見た人に感じさせます。

庇は雨除けの役割を担っているため、木材を用いる際、水に強い樹木が用いられます。

また、木材を用いる場合には、耐久性を向上させるため、金属も合わせて使用されることがほとんどです。

 

庇の種類2 アルミニウム

現在、一般的な庇は、そのほとんどがアルミニウム製です。

1円玉の素材としても用いられているアルミニウムは、重量も軽く加工も容易です。

デザイン性にも長けているため、多く用いられているのです。

 

庇の種類3 ガラス

デザイン住宅など、外装のデザインを損ないたくないという場合などに、活用されることがあるのが、ガラス素材の庇です。

ガラスで作られているだけあり、外観のデザインに干渉することがありません。

耐水性や耐風性にも優れていることも、強みであると言えるでしょう。

 

庇の種類4 ガルバリウム

錆びにくく熱に強いガルバリウムも、庇の素材として用いられます。

メタリックな見た目をしているため、モダンな住宅に合いやすい素材です。

 

 

おわりに

庇の種類や素材について、ご説明してまいりました。

どんな雰囲気の家や建物にしたいのかによって、選ぶべき庇は変わってきます。

まずは、どんな種類や素材があるのかについて、まずは知っていくようにしましょう。

庇の役割

 

庇とは何か?

知っている方もいれば、言われればわかるけど、いまいちピンとこないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

多くの家庭で設置されている庇。

こちらの記事では、その役割について、ご説明してまいります。

 

庇(ひさし)とは?

庇とは何か。

簡単にいうと、屋根の一種です。

しかし、屋根そのものというわけではなく、玄関ポーチ・窓・ベランダなどの箇所に取り付けられている小型の屋根のことをいいます。

通常の屋根以外に庇があることによって、陽の光や雨などを除けることができます。

 

庇(ひさし)の役割・メリット

先述したような、日除け・雨除けなどが、庇の役割です。

庇があることで快適な生活をすることができますので、見かけのおしゃれさ以外にも重要な役割を担っているのです。

他にも、庇を取り付けることによるメリットやその役割はありますが、ここではその一部をご紹介します。

 

庇の役割1 雨除け

庇の役割といえば、真っ先に雨除けを想像される方が最も多いのではないでしょうか?

庇のない窓を想像してみると分かりやすいかもしれません。

庇がなければ、降り頻る雨は直接窓を叩きます。

窓ガラスや、窓に取り付けたシャッターに雨がぶつかる音。

それを、庇は緩和することができるのです。

また、窓があいていた場合、雨が部屋の中に入ってくることもあるでしょう。

庇があると、直接部屋に入ってしまう雨も抑えることができます。

玄関扉の上にある庇は、外出時や帰宅時に雨を開いたり閉じたりするための場所になります。

庇がなければ、直接雨にあたってしまったり、雨を除けるために玄関の中で傘を開いたり閉じたりすることになるでしょう。

また、玄関の中にまで雨が入ってくることも考えられます。

これらを防ぐことができるのが、庇の役割であり、メリットなのです。

 

庇の役割2 日除け

庇には、他にも役割があります。

暑い夏の日差しを遮ることができるというのが、庇の取り付けをするメリットです。

太陽というのは、夏には高く、冬には低い場所にあります。

そのため、庇があることで、夏の暑い日差しを遮ることができるのです。

逆に、太陽が低い位置にある冬の日には、その日差しを取り入れることができます。

このように、夏の暑い日差しを遮りながらも、寒い冬には日差しを取り込むことができる日本古来よりの工夫。

それが、庇というものなのです。

 

おわりに

庇とは何か?

その役割やメリットにはどのようなものがあるのかを、こちらの記事では説明してまいりました。

私たちの生活の中にある、身近なものである庇。

それは、自然から我々の生活を守ってくれるものなのです。